小動物の健康

ウサギ、ハムスターなどの小動物

「あれ?」と思ったら

不調がわかりにくい小さな動物たち。だからこそ飼い主さまの「あれ?」が大事です。小さな異変が大事の兆候であることも。お気軽にご来院ください。

院内の雰囲気

当院は、アットホームな雰囲気が自慢です。動物たちにも、飼い主さまにも居心地のよい空間がご提供できるよう、日々努めています。

使用機材

心エコーから血圧計、ICUまで!

特に心臓疾患の場合、症状が出てから治療に入っていては遅いのです。早い時期から状態を把握しておくことがとても大事です。
当院では、心エコー検査のできる機械、血圧計、生化学検査機器、血液ガス分析器、カウンターショック等の治療に必要な機材、さらに2台ICUが揃っています。

入院設備も充実、大型犬でも大丈夫

大型犬のためにオーダーした大型犬用犬舎を含め、ワンちゃんなら最多で5頭、ネコなら4頭まで入院が可能です。

どんな治療に力を入れているか

糖尿病、生活習慣病、脂肪肝…。まるで人間のような病態が増加

治療法も日々進歩していますが、動物の治療はあくまでも飼い主さまとの二人三脚。
「どうしてあげたいか」ではなく「どうしてあげるのがこの子に一番いいか」の視点で治療に当たります。

飼い主さまと動物との適切な関わり方をお教えします

飼い主さまは、ときに「かわいい」気持ちが先行して、必ずしも正しい関わり方をしていないことがあります。でも、両者の本当の幸せのためには「適切な関わり方」がとても大切です。適切な関わり方で本当に豊かなペットとの暮らしを。

Tel.0561-84-7087